体のために良いからと、果汁をどんどんあげても良いと勘違いしていませんか。
離乳食の前段階で果汁を赤ちゃんに与えているお母さんは、かなりいると言われています。
実際には離乳食を食べ始める生後5〜6ヶ月の赤ちゃんについては果汁は要りません。
赤ちゃんにとって大切な栄養は母乳を飲むことで摂取できますし、ミルクなら、さらに良いでしょう。
昔は果汁で補ってきたビタミン類も、粉ミルクでまかなうことができます。
ダイエットをする人に重要視されるほど、果物は健康志向派に喜ばれていますが、実は果物には糖分が多く含まれています。
果汁をたくさん飲みたがる赤ちゃんもいますが、ある程度制限をしないと糖分摂取の制限を超えてしまいます。
厚生労働省も、早期においては果汁は要らないと公表しています。
生まれて間もないうちから果汁を飲ませると、アレルギーを誘発する可能性もあるので、よく考えてから開始しましょう。
離乳食が始まったら、果物を果汁としてだけではなく固形でも食べさせるようにしましょう。
それでは、乳製品についてはいつから始めたら良いでしょう。
母乳やミルクも乳製品の部類に入るからと、月齢が低くても与えて大丈夫という人もいますが、それは誤った認識です。
まずはおかゆから始め、一週間くらいで支障がないようなら野菜も与えて、その後の一週間も問題なければ今度は豆腐などを試します。
そうやって慌てずに食材を試しながら、乳製品を与えるようにしましょう。
離乳食に良い乳製品はプレーンヨーグルトでチーズについては塩分少なめのカッテージチーズが良いでしょう。
飲み物として牛乳を与えるのは、1歳過ぎからにしましょう。