離乳食をいつ始めたら良いのか、多くのお母さんが悩みます。
生まれてから5〜6ヶ月経過すると赤ちゃんは、ゴックン期を迎えることになります。
ゴックン期とは、その名の通りゴックンする力が身につく時期を言います。
家族やお母さんが食事をしている時の、赤ちゃんの表情や仕草を見てみましょう。
家族が食べている動作のマネをしてモゴモゴと口を動かしているのではないでしょうか。
家族が食べている仕草に興味を持っているようなら、離乳食を始めてみましょう。
離乳食を口にする場合は、母乳やミルクの飲み方とは違う動きを覚える必要があります。
抵抗なく食べ始めてくれるだろうなどとは考えずに、マイペースで行います。
当初は、口内で下を動かしつつ飲み込みがスムーズにいくことを目標にしましょう。
それと、色々な食材を味わうことで、食の楽しさを体感できるようにすることを心がけましょう。
最初から全く受け付けないことや、スムーズに始められたのに唐突に受け付けなくなってしまうことも珍しくはありません。
離乳食への切り替えが思うように進まなくても悩まないで、赤ちゃんの様子を見つつ継続していきましょう。
原型をとどめていない食材でもトラブルなく飲み込めたら、ゴックン期は合格です。
離乳食の量に関しては、子ども用茶碗に主食とおかず合わせて約2分の1が目安です。
離乳食の回数が、1日に2回になればステップアップしても問題ないでしょう。
自信がない人は、ゴックン期終了を判断するレシピなどを作ってみて、それを活用するのがお勧めです。