赤ちゃんが生後5ヶ月から6ヶ月になると、離乳食はゴックン期のメニューになるほど成長します。
ゴックン期に移行すると、当然ながらきちんと飲み込むことができるようになるのを目指します。
今までは母乳やミルクしか飲み込んだ経験がありませんでしたが、ここからは液体といってもトロトロしている離乳食を飲み込めるようにがんばっていきます。
赤ちゃんの口の中に関しては、舌は前後にしか動かすことはできません。
トロトロ状態の離乳食が口の中に入ると口を強く閉じて飲み込もうとします。
ある程度の時間はかかりますが、スプーン1杯で始めてきちんと飲み込むことができれば良いので、マイペースで進めていきます。
ゴックン期も最後の方になってきたら、液体のようにトロトロの状態よりもマヨネーズを少し軟らかくしたくらいにしていきます。
小皿に入れて、スプーンで器をなぞって線が残るほどの状態が良いでしょう。
たった1さじからチャレンジするのですから、母乳やミルクを飲みたそうにするので、その際は、飲みたがるだけあげても問題ありません。
極端に空腹になると、スムーズに飲める母乳やミルクを欲するケースもよく見られます。
その際は、普段離乳食を食べる時間よりも早い時間に与えるようにしましょう。
ゴックン期に設ける食事回数は、はじめてひと月ほどは1日に1食で構いません。
1ヶ月経って問題ないようなら、2回に増やします。
お母さんや赤ちゃんが楽にチャレンジできる時間に、焦ることなく挑戦していきましょう。
ゴックン期に関しては、同じメニューになってしまっても気にする必要はないでしょう。
それと、ベビーフードなどを取り入れて、効率よく進むように自分なりに工夫してみましょう。