娘はアトピー体質が少しあったのでオムツかぶれも結構いつもひどかったです。うんちやおしっこに含まれている成分がちょっとでも皮膚に密着している時間が長くなるとすぐにお尻などが真っ赤になってしまっていました。

 

そこで試行錯誤してオムツかぶれをできにくくする方法を自分なりに考案してみたのですが、まず一番効果があったのがおしっこやうんちをしたらすぐにオムツを交換してあげることです。その時に市販のおしりふきを使用するといくら柔らかいおしりふきだったとしても赤ちゃんの薄くて敏感な皮膚を擦ってしまうことになるのでおしりふきは極力使わないのが良いとわかりました。

 

おしりふきでお尻などを拭く代わりに、うんちやおしっこをした都度、お風呂場に生ぬるい湯を入れたたらいでお尻を洗うことを習慣づけました。おしりふきだけではどうしても拭き残しがありますし、お肌も傷つけてしまいますが毎回綺麗に洗ってあげることでお肌に悪影響を与えるうんちやおしっこの成分をさっと洗い流せて清潔に保てるのでオムツかぶれができることが全く無くなりました。

 

綺麗に洗ったあとは、バセリンをお尻などオムツが当たる部分にたっぷり塗ってあげるとおしっこをした時でも、水分をしっかり弾いてくれるので、もしもすぐに気づかない時でもある程度はオムツかぶれから肌を守ってあげることができるので常にバセリンを常備しておくと良いでしょう。

 

とにかくオムツかぶれを予防するためには面倒でも洗って、無添加オイルなどで保湿が基本中の基本です。