娘はアトピー体質が少しあったのでオムツかぶれも結構いつもひどかったです。うんちやおしっこに含まれている成分がちょっとでも皮膚に密着している時間が長くなるとすぐにお尻などが真っ赤になってしまっていました。

 

そこで試行錯誤してオムツかぶれをできにくくする方法を自分なりに考案してみたのですが、まず一番効果があったのがおしっこやうんちをしたらすぐにオムツを交換してあげることです。その時に市販のおしりふきを使用するといくら柔らかいおしりふきだったとしても赤ちゃんの薄くて敏感な皮膚を擦ってしまうことになるのでおしりふきは極力使わないのが良いとわかりました。

 

おしりふきでお尻などを拭く代わりに、うんちやおしっこをした都度、お風呂場に生ぬるい湯を入れたたらいでお尻を洗うことを習慣づけました。おしりふきだけではどうしても拭き残しがありますし、お肌も傷つけてしまいますが毎回綺麗に洗ってあげることでお肌に悪影響を与えるうんちやおしっこの成分をさっと洗い流せて清潔に保てるのでオムツかぶれができることが全く無くなりました。

 

綺麗に洗ったあとは、バセリンをお尻などオムツが当たる部分にたっぷり塗ってあげるとおしっこをした時でも、水分をしっかり弾いてくれるので、もしもすぐに気づかない時でもある程度はオムツかぶれから肌を守ってあげることができるので常にバセリンを常備しておくと良いでしょう。

 

とにかくオムツかぶれを予防するためには面倒でも洗って、無添加オイルなどで保湿が基本中の基本です。
また最近はファムズベビーというスキンケア用品も活用しています。

生まれたときにはそんなに気にならなかったのですが梅雨になるくらいから口の周りや手首や首のくぼんだ所、おむつの中に湿疹ができるようになりました。子供は痒くてたまらないのでなかなか眠れずよく泣きました。沐浴は1日に4回くらいで汗をかいた後に必ずシャワーで流していました。それでも離乳食を始めると口の周りがますますひどい湿疹になり皮膚科を受信しました。もらう薬はワセリンでした。つけるとべたべたして気持ち悪いのでしょう、泣くのです。おむつの中も蒸れたままで湿疹はますますひどくなりました。こうなるともうワセリンは使わないほうが良いのだと思いました。おむつかぶれ用の「ポリベビー」を使うと赤くなっていた範囲が小さくなります。しかし、しばらくするとまた強い痒みが始まります。どうしたらいいのか悩んで桃の葉ローションを購入してみました。しかし効果はありませんでした。考えを変えて石鹸から選びなおしました。今までベビーソープを使っていたのですがミヨシの石鹸をみつけました。無添加で刺激が一切なくて洗い上がりもしっとりしていました。これならと思い子供に使ってみるとすっきりとした肌になりました。良く泣く日は湿疹が増えて、穏やかな日には肌の調子も変わります。ポリベビーと石鹸と沐浴でなんとか湿疹が落ち着いてくるのを待ちました。3歳になったころには何もなかったようにきれいな肌になりました。当時の写真を見ると想像がつかないほどです。

我が家では娘が5か月の時から、毎日のスキンケアとしてアトピタのベビーローションを使用しています。娘はアトピー肌なこともあり、乾燥しやすい冬場は特に肌荒れが酷くなっていました。合わないクリームやローションを使用すると状態が更に悪化してしまうため、様々なスキンケア用品を少しずつ試していました。そこで唯一、娘のアトピー肌に問題なく使えたのが、アトピタのベビーローションです。アトピーの状態を治療してくれるわけではありませんが、悪化させることなく保湿をしてくれます。そうして肌の乾燥状態が落ち着くことで、赤くなって荒れていた肌の状態も落ち着いていくように感じました。娘の肌は、冬場だけでなく夏場であっても白くかさつくことが多かったため、1年を通して現在も使用しています。ずっと問題なく使えているので、これからも使い続けていくと思います。使用感についてですが、テクスチャーは化粧水と乳液の間くらいで、少し緩めです。そのため肌にも伸ばしやすく、べたつきもありません。ローションの他にクリームも販売されているので、乾燥が酷い場合は併せて使用するとしっかり保湿してくれます。容器は大人の手に収まるサイズで、やや小さめです。全身に使っている我が家にはもう少し多めの容量が欲しいですが、コンパクトなので外出時に携帯するのは便利です。また、割とメジャーな商品のため、赤ちゃん用品店ではほぼ確実に売っていますし、ドラッグストアでも購入できます。無くなってもすぐに買えるので助かっています。

アロベビーのミルキーローションは新生児から使ってOKという、生まれたての赤ちゃんのお肌にも優しいということで、愛用していました。私も主人も肌が弱く、乾燥していて、ちょっとした刺激でも過敏に反応してしまういわゆる敏感肌です。だから日常生活でも困ることが多々あり、生まれてきたわが子にはそんな肌トラブルとは無縁の生活をさせたかったです。赤ちゃんは意外とお肌が乾燥しやすく、きちんとケアしていないと乾燥肌になってしまったり、アトピーの原因になってしまったりすると聞いていたので、病院入院前から準備していました。99%が天然成分なのにお値段も高くなく、お肌へのなじみもよく、つけた後はもっちりしてしっかり保湿できているのがよくわかります。香りも天然成分の良い香りで私もしっかりリラックスできます。これひとつで顔から足まで全身に使えるのもおすすめポイントです。生まれた時からアロベビーのミルキーローションを使っているせいか、一度も肌トラブルを起こしたことがなく、お肌はいつもみんなから褒められています。あまりにも触り心地が気持ちいいので、ついつい触ってしまいます。赤ちゃんのお肌は大人よりも皮膚が薄くて、水分の保湿力も弱いのでやっぱり保湿は大切なんですね。夏場もしっかりアロベビーのミルキーローションでお手入れしていたおかげで、あせもができたこともありません。純国産のオーガニック製品はすくないので、安心して使えるこれはもう手放せません。

生後11か月の娘を育てる母です。私自身すごい敏感肌なので、肌に使う化粧品やオイルやクリームなどは、間違えるとかぶれや痒みがでてとても慎重になっていました。

 

そんな中わが子が生まれ、大人よりとても弱い肌を持つ赤ちゃんに対してどんなクリームを使えばいいのか悩みました。そして私がチョイスしたのが、妊娠線予防としても私が使っていた「ママバター」というクリーム。

 

入っている成分が実にシンプルで、「オリーブ油」「シア脂油」「ホホバ種子油」「トコフェロール」、無香料の成分で、たったこれだけです。なので、敏感肌の人や赤ちゃんのスキンケアにピッタリのオイルなのです。

 

初めて使ったときは、使いやすさに驚きました。オイルなのに、べたべたした感じがなく、スーッと伸びてあっというまに肌に馴染んでいきます。なので、乾燥が気になるところは、私自身も顔から足まで全身に使っていました。

 

娘にも、新生児のころからお風呂上りなどのマッサージで全身に使用していますが、いまのところなんの問題もなく、毎日安心して利用しています。おむつかぶれでお尻が赤くなってしまったときも、このオイルを数日塗っていればすぐに綺麗になりました。

 

機になるお値段は、80mlで1700円(税抜き)。とはいっても、オイルなので、一回で使用する量は少量で十分ですしけっこうたっぷり使えますよ。赤ちゃんのスキンケアにはとてもお勧めの商品なので、是非一度お試しください。

体のために良いからと、果汁をどんどんあげても良いと勘違いしていませんか。
離乳食の前段階で果汁を赤ちゃんに与えているお母さんは、かなりいると言われています。
実際には離乳食を食べ始める生後5〜6ヶ月の赤ちゃんについては果汁は要りません。
赤ちゃんにとって大切な栄養は母乳を飲むことで摂取できますし、ミルクなら、さらに良いでしょう。
昔は果汁で補ってきたビタミン類も、粉ミルクでまかなうことができます。
ダイエットをする人に重要視されるほど、果物は健康志向派に喜ばれていますが、実は果物には糖分が多く含まれています。
果汁をたくさん飲みたがる赤ちゃんもいますが、ある程度制限をしないと糖分摂取の制限を超えてしまいます。
厚生労働省も、早期においては果汁は要らないと公表しています。
生まれて間もないうちから果汁を飲ませると、アレルギーを誘発する可能性もあるので、よく考えてから開始しましょう。
離乳食が始まったら、果物を果汁としてだけではなく固形でも食べさせるようにしましょう。
それでは、乳製品についてはいつから始めたら良いでしょう。
母乳やミルクも乳製品の部類に入るからと、月齢が低くても与えて大丈夫という人もいますが、それは誤った認識です。
まずはおかゆから始め、一週間くらいで支障がないようなら野菜も与えて、その後の一週間も問題なければ今度は豆腐などを試します。
そうやって慌てずに食材を試しながら、乳製品を与えるようにしましょう。
離乳食に良い乳製品はプレーンヨーグルトでチーズについては塩分少なめのカッテージチーズが良いでしょう。
飲み物として牛乳を与えるのは、1歳過ぎからにしましょう。

 

生後12〜18ヶ月くらいの赤ちゃんだと、モグモグ期という離乳食の時期になります。
モグモグ期には大人の食事から取り分けながら、離乳食にアレンジできるので、食事の用意が簡単になってきます。
口内においては、舌の動きも器用になってきますし、しっかりと噛めるようになります。
子供の成育に咀嚼は、大切な役割を持っているので、しっかり噛ませることを意識した離乳食を作ってあげましょう。
この時期は、やわらかめのハンバーグくらいのかたさを目安にしましょう。
パクパク期になったら、大人と同じ朝昼晩の食事間隔にしていくように意識していきましょう。
今まではおやつが10時と3時にあったとしても、必ずしも食べさせなくても構いません。
中でも10時に食べるおやつは、昼食の量を減らしてしまうので、止めた方が良いでしょう。
離乳食のカミカミ期は60%の栄養を取れば良かったのですが、パクパク期においては、一段と離乳食の割合が増えていきます。
全ての栄養のうち約80%について離乳食が占めるように実践していきます。
パクパク期になると、カミカミ期以上に自分で食べたがるようになり、スプーンで食事をしたがる子もいます。
見ていると、こぼしている方が食べているより多い場合もありますが、食事の時間を楽しんでもらうのも大切です。
自分で食べ始めたばかりの頃は、どれだけの量を口の中に入れたら良いかが分からず詰め込み過ぎて、むせたりもします。
お母さんにとっては、この時期の食事の後片付けが、一番大変かもしれません。
しかし、自分で食べる練習段階なので、喉などに詰まることがないように気をつけて本人の意思を尊重してあげましょう。
もう少し練習すれば、きちんとした食べ方になるはずです。

 

生後9か月から11か月の間は、離乳食はカミカミ期に進みます。
段階的には、離乳食を歯ぐきを使ってつぶすことがうまくなります。
食べ物をつぶすには舌を使うことがほとんどですが、かたいものを食べる時は歯ぐきを使います。
食べ物をつかむのに手を使い出し、それを自分で口に運ぶのですが、初めは詰め込み過ぎて、口の中がいっぱいになってしまいます。
だんだんと、自分の手で持って食べているうちに、丁度良い量が分かってきます。
口の中では、舌を上手に使って食べ物を左右に寄せていき、歯ぐきでつぶした後に飲み込みます。
離乳食として与える食事は、かたさの基本がバナナとすると適当でしょう。
細長い切り方、薄い切り方、粗いみじん切りなど、形を変えて与えるようにします。
この時期は、離乳食は3回食べるようになりますが、朝昼晩の食事という意味とは違います。
まだ、離乳食の間に母乳やミルクを必要とするので、無理せずできる時間帯に取り入れます。
カミカミ期の目的は、栄養を離乳食からとれるようになることです。
まだ全てを離乳食からというのは無理ですが、必要な栄養の60%程度を離乳食によってとれれば良いでしょう。
3度の離乳食を用意するとなると、お母さんはメニューを考えるのが悩みのタネになり兼ねません。
ベビーフードはとても助かるのですが、この時期には食欲が旺盛になってくるので、毎日だと大きな金銭的負担となります。
こんな時は同一の材料を使っても、別のだしを使って作るとイメージが異なるので、あまり考えずダシと味付けで変化させましょう。
醤油味・味噌味・ミルク味や、洋風・和風、中華風など、塩分量を考慮しながら自由に組み合わせていきましょう。

 

赤ちゃんが生後5ヶ月から6ヶ月になると、離乳食はゴックン期のメニューになるほど成長します。
ゴックン期に移行すると、当然ながらきちんと飲み込むことができるようになるのを目指します。
今までは母乳やミルクしか飲み込んだ経験がありませんでしたが、ここからは液体といってもトロトロしている離乳食を飲み込めるようにがんばっていきます。
赤ちゃんの口の中に関しては、舌は前後にしか動かすことはできません。
トロトロ状態の離乳食が口の中に入ると口を強く閉じて飲み込もうとします。
ある程度の時間はかかりますが、スプーン1杯で始めてきちんと飲み込むことができれば良いので、マイペースで進めていきます。
ゴックン期も最後の方になってきたら、液体のようにトロトロの状態よりもマヨネーズを少し軟らかくしたくらいにしていきます。
小皿に入れて、スプーンで器をなぞって線が残るほどの状態が良いでしょう。
たった1さじからチャレンジするのですから、母乳やミルクを飲みたそうにするので、その際は、飲みたがるだけあげても問題ありません。
極端に空腹になると、スムーズに飲める母乳やミルクを欲するケースもよく見られます。
その際は、普段離乳食を食べる時間よりも早い時間に与えるようにしましょう。
ゴックン期に設ける食事回数は、はじめてひと月ほどは1日に1食で構いません。
1ヶ月経って問題ないようなら、2回に増やします。
お母さんや赤ちゃんが楽にチャレンジできる時間に、焦ることなく挑戦していきましょう。
ゴックン期に関しては、同じメニューになってしまっても気にする必要はないでしょう。
それと、ベビーフードなどを取り入れて、効率よく進むように自分なりに工夫してみましょう。

 

離乳食をいつ始めたら良いのか、多くのお母さんが悩みます。
生まれてから5〜6ヶ月経過すると赤ちゃんは、ゴックン期を迎えることになります。
ゴックン期とは、その名の通りゴックンする力が身につく時期を言います。
家族やお母さんが食事をしている時の、赤ちゃんの表情や仕草を見てみましょう。
家族が食べている動作のマネをしてモゴモゴと口を動かしているのではないでしょうか。
家族が食べている仕草に興味を持っているようなら、離乳食を始めてみましょう。
離乳食を口にする場合は、母乳やミルクの飲み方とは違う動きを覚える必要があります。
抵抗なく食べ始めてくれるだろうなどとは考えずに、マイペースで行います。
当初は、口内で下を動かしつつ飲み込みがスムーズにいくことを目標にしましょう。
それと、色々な食材を味わうことで、食の楽しさを体感できるようにすることを心がけましょう。
最初から全く受け付けないことや、スムーズに始められたのに唐突に受け付けなくなってしまうことも珍しくはありません。
離乳食への切り替えが思うように進まなくても悩まないで、赤ちゃんの様子を見つつ継続していきましょう。
原型をとどめていない食材でもトラブルなく飲み込めたら、ゴックン期は合格です。
離乳食の量に関しては、子ども用茶碗に主食とおかず合わせて約2分の1が目安です。
離乳食の回数が、1日に2回になればステップアップしても問題ないでしょう。
自信がない人は、ゴックン期終了を判断するレシピなどを作ってみて、それを活用するのがお勧めです。